乾燥肌にセラミド配合化粧水

オリジナル見出し01

最近、セラミドという文字をよく目にするようになりました。
簡単に言うと、肌を乾燥や外部刺激から守る保湿成分のことです。
角質層に存在する成分で水に溶けず、肌の水分を保持する役割を持っています。敏感肌を刺激から守る働きもあり、皮膚科ではアトピーの治療に用いられることもあるようです。

おすすめの敏感肌用石鹸情報選びはインターネットで行う時代です。

セラミドが存在する角質層を覆って保護している皮脂は、ストレスや乱れた生活習慣、間違ったスキンケアで簡単に失われます。

皮脂は肌の水分の蒸発を防いでいるのですが、その皮脂が減少すると、肌は当然ながら乾燥肌になってしまいます。


乾燥している状態ではセラミドが不足し、肌バリアの力が弱まるため、すぐに汚れや細菌が侵入して、肌トラブルを起こしてしまいます。
健やかな肌に欠かせない大切なセラミドは、化粧水で補うことができます。

おすすめなのは、植物性の天然セラミドです。


浸透力が高く保湿力に優れています。

また、肌への刺激が極力少ないのが特徴です。肌のことを考えると、化粧水成分は必要最低限の無添加であることが大切です。
乾燥肌は敏感肌である場合も多いので、色々な刺激性物質は控えた方が無難です。



また、化粧水に含まれている他の美容成分も要チェックです。
保湿力をより良くするための補助成分には、スクワランやヒアルロン酸、リピジュアなどが使われます。

たっぷり使いたいので、価格も購入しやすいものが良いでしょう。

使い続けてこそ効果が現れます。一時的な潤いはもちろんありますが、肌の状態を回復させて本来の潤いを取り戻した、という感じの潤い方です。

ジュエルレインの情報はここで調べよう。

本気で乾燥肌の改善を考える人は特に、試す価値があります。

天然セラミドとは、動物の脳や脊髄などから抽出されます。



化粧品に配合される天然セラミドは、初めは、牛でしたがやがてBSE問題などが取り沙汰され、馬からの抽出がメインになりました。

商品にも馬の脂質が表記されています。なぜ天然セラミド配合の化粧水が効果的かを挙げると、動物からの抽出により人間の細胞間脂質と非常に似ているため保湿力が植物性よりも優れているからです。



医療分野でも敏感肌、アトピー性皮膚炎といった疾患がある人に向いていることから医師の注目を集め、肌の疾患であるバリア機能の衰えや、肌荒れなどを改善することが知られています。



このように天然セラミド配合の化粧水は、肌疾患のある人にもおススメですが、若干高価なためリーズナブルにまとめると、品質の問題が生じかねません。つまり、配合量などが極端に少なくなるケースもあるわけです。また、もともと肌感触にべたつきのあるセラミドは、化粧水などに用いられると、配合量を調節して少ない量で肌感触を良くしようと試みたり、中には界面活性剤などの添加物が含まれる場合もあります。
これでは、肌触りが良くても皮膚の疾患がある人には、あまりおススメできません。
ですから、敏感肌の人は、購入前には必ずパッチテストや配合量の確認と、できれば専門医に相談してみることも一つの解決策でしょう。

https://m3q.jp/t/1570

よく、天然という言葉が表示されている化粧水がありますが、保湿成分の量よりも添加物の内容をチェックすることが先決です。

https://4meee.com/articles/hashtag/%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81%E3%83%87%E3%83%BC

関連リンク

  • タイトル21

    潤い成分として化粧水などのスキンケア用品に使用されているセラミドは、細胞膜においてスフィンゴミエリンを構成している脂質の一つで潤いを保持して外部からの刺激からお肌守ってくれる働きをしています。人間が本来持っている成分で、コラーゲンやヒアルロン酸などのような潤い成分同様に注目されて化粧水に広く配合されています。...

  • タイトル22

    セラミドには「天然」、「合成」、「植物性」、「人型」の4つがあります。「天然」は馬などの動物の脳などから抽出したものです。...