化粧水に配合されているセラミドについて

オリジナル見出し01

化粧水使用されている潤い成分のセラミドは、リン脂質のひとつだとされているスフィンゴミエリンなどを含む細胞膜脂質のスフィンゴシンと脂肪酸がアミド結合した化合物群のことを言います。

私達の細胞膜にある肌バリア機能のセラミドは、外部からの刺激やダメージからお肌を守ってくれる重要な働きをしてくれています。


水分をはさみ込むようにして保持してくれるため保湿力が高いとされています。


敏感肌の方や乾燥肌、アトピー性皮膚炎などでお悩みの方の場合は、このお肌のバリア機能が低下している可能性があります。

セラミドが不足して乾燥してしまうと痒みが出てしまったりすることがありますので注意されてください。

年齢を重ねていくことによって減少していってしまいますので、セラミドが配合されている化粧水などのスキンケア用品を利用して乾燥を防ぐことがおすすめされています。
お肌が敏感な方の場合でも人間がもともと持っている成分ですので、安心して使用することができます。



どのような化粧水に利用されている天然セラミドは人の細胞膜などに持っているものと構造が似ているため、お肌にも馴染みやすくておすすめです。
植物性のものには、米ぬか油などから抽出したものなどが利用されています。



その他にも化学的に合成したものや酵母などを利用して生成されたものなどが利用されている商品も販売されています。水に溶ける成分ではありませんので、サラッとした水のような化粧水よりもジェル状のスキンケア用品などがおすすめです。



セラミドとは、肌の角質層で細胞と細胞の間に水分を含んでいる細胞間脂質のことをいいます。



肌や紙に潤いを与えており紫外線や有害物質などから肌を守る肌バリア機能ともいわれる角質層の重要な成分になります。



現在、この成分が配合された化粧水もさまざまなものが販売されています。



さまざまなものがあるため、選ぶときに迷ってしまうこともありますが、選ぶ場合には高い保湿機能があるかを重点に選ぶとよいされています。



分類すると「ヒト型セラミド」「疑似セラミド」「植物性セラミド」に分けられます。おすすめなのがヒト型セラミドで、これは人の肌にある細胞間脂質と同等の構造を持つためほかのものよりも保水力が高く、比較的刺激が少ないというメリットがあります。



この成分が含まれた化粧水を、十円玉くらいの量で手の平で適量を顔全体に伸ばして温めます。

化粧水を肌に伸ばしたら、両手で頬を包み込んで3秒ほどかけて肌に馴染ませ、目頭に指先、手の平を鼻筋、口元と当てて馴染ませていきます。
この時擦ってしまうと肌にダメージを与えてしまうため、密着させることがポイントです。顔全体に化粧水を浸透させ、それでも乾燥が気になる場合には重ね付けすることもおすすめです。その他、この成分の元となるフィトケミカルを含んだ食材であるこんにゃくや緑黄色野菜などの食材をバランスよく日常的に料理として摂取して行くことで、化粧水などの効果をより高めることができるようになります。

関連リンク

  • タイトル21

    潤い成分として化粧水などのスキンケア用品に使用されているセラミドは、細胞膜においてスフィンゴミエリンを構成している脂質の一つで潤いを保持して外部からの刺激からお肌守ってくれる働きをしています。人間が本来持っている成分で、コラーゲンやヒアルロン酸などのような潤い成分同様に注目されて化粧水に広く配合されています。...

  • タイトル22

    セラミドには「天然」、「合成」、「植物性」、「人型」の4つがあります。「天然」は馬などの動物の脳などから抽出したものです。...