セラミド化粧水でお肌に潤いを

オリジナル見出し01

乾燥は肌に大敵です。かさかさすると化粧のりが悪いだけでなく、粉をふいたりかゆみを伴ったりすることもあるのです。
そんな乾燥肌解消にはセラミド配合の化粧水がおすすめです。
セラミドとは細胞間脂質の代表成分です。

私たちの体は非常に多くの細胞で成り立っていますが、これらの細胞同士は直接くっついてはいません。
細胞1つ1つは例えるならレンガのようにくっついているのです。その細胞同士をくっつけているセメントのような役割を果たすのが細胞間脂質なのです。


この細胞間脂質は水分層と脂質層が交互に重なってできています。

前後、左右、上下にこの構造となることで肌の潤いや弾力を実現しているのです。


これをラメラ構造と言います。この構造を維持するためにもセラミドは必須ですが、加齢やストレスなどでその機能が低下することがあります。
そんな時こそこういったセラミド配合の化粧水でお肌をケアしてあげるといいのです。

しかしここで注意したいのが配合の化粧水なら何でもいいというわけではないことです。
セラミドとは言ってもいくつか種類があって、注意したいのが合成のものです。これは石油原料から化学合成でできるので比較的低コストで作れます。
そのため商品価格もお手頃のため試しやすいのですが、お肌の弱い方には合わない可能性が高いです。

本気で保湿したいなら合成は避けて天然、ヒト型、植物性を選ぶといいでしょう。
合成に比べると値段が高いですが、効果と安全を買っていると思えば高い買い物ではないでしょう。


セラミド化粧水はその一つの成分だけでなく、様々な美容成分が含まれていることが多いですが、これはセラミドと一緒に取ると一層の効果が期待できるためです。肌のバリアをしてくれる機能を正常にしながら水分も閉じ込める美容に良い成分です。
他の栄養分に含まれる保湿成分等の相乗効果などもあるので、これらの効果をより上げたいならそういった、セラミドと相性の良い美容成分の含まれた化粧水を選び、併用などをすることが良いでしょう。

効果が更に高まってより美しい肌になれます。

まずはヒアルロン酸です。

この成分はこれ自身の重量の6000倍もの水分を吸収し、さらに保持することが出来ます。


体の色々な場所でも必要とされ活用されている成分でもあり、人が生きる上でも欠かせない成分です。
その次はコラーゲンです。

体内にはタンパク質が含まれていますが、このタンパク質うち30%を占めている成分です。

皮膚だけでなく人体や骨などにも含まれている、これも人には欠かせない成分です。
肌に塗る場合に高い保湿効果を発揮します。
また、ビタミンC誘導体というものもあります。
これはセラミド生成の効果を促す成分です。

そしてアミノ酸もセラミドと相性がよく相乗効果をもたらす成分です。
これらの成分達はお互いを補い合って肌の調子を整えてくれているので、一緒に取るということは重要なのです。

保湿力のある化粧水を選ぶ際は、こういった組み合わせを意識しながら選んでいくようにしたいものです。

















関連リンク

  • タイトル21

    潤い成分として化粧水などのスキンケア用品に使用されているセラミドは、細胞膜においてスフィンゴミエリンを構成している脂質の一つで潤いを保持して外部からの刺激からお肌守ってくれる働きをしています。人間が本来持っている成分で、コラーゲンやヒアルロン酸などのような潤い成分同様に注目されて化粧水に広く配合されています。...

  • タイトル22

    セラミドには「天然」、「合成」、「植物性」、「人型」の4つがあります。「天然」は馬などの動物の脳などから抽出したものです。...