セラミド配合化粧水について

オリジナル見出し01

セラミドとは、乾燥から肌を守る保湿成分であり、肌のバリア機能ともいわれる角質層の重要な成分です。


この成分は水に対して不溶性であり、水分の保持し肌を保護するための理想的な成分と機能を有しています。

しかしながら、この肌のバリア機能は、空気の乾燥、食生活や睡眠不足といった生活習慣の乱れ、加齢、間違ったスキンケアなどにより皮脂や角質が傷つき回復がスムーズに行われないと、失われてしまいます。


肌のバリア機能が失われた肌は、水分が蒸発し乾燥肌になるなどトラブルが起こりやすい状態になっています。このため、お肌を良いコンディションに保つためには、セラミドを上手に補うことが大切です。
最近は、セラミドを配合した化粧水でも高い品質のものが開発されており、日々進化しています。

セラミド配合化粧水は、肌にたくさんの保湿成分を与えてくれます。
なかでも、ナノ化された「ナノセラミド」が配合されている化粧水は、角質層の深い部分にまで浸透すると言われており、高い保湿効果と浸透力を実感することができます。
このような化粧水の効果をしっかりと得るには、正しいスキンケア方法を行なうことが重要です。化粧水を手の平で顔全体に伸ばして温めることが、浸透力を高めるコツです。

さらに頬や鼻筋、口元、アゴなどを指で優しく包みこみ、一箇所につき3秒くらいをかけてよくなじませます。


乾燥が気になる場合には、重ねづけをすることも良い方法です。

丁寧なスキンケアで保湿効果を確実に得ましょう。

セラミドとは肌の3大保湿因子の1つを表します。
もともと皮膚に存在する成分で、体内の細胞から生成することもできます。


肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできています。

この細胞のすき間を埋めている「細胞間脂質」の主成分となっています。


セラミドは脂質でありながら水分をしっかりと抱え込む働きをしています。


この高い水分保持機能が肌の角質層から水分が蒸発するのを防ぎ、肌を瑞々しい状態に保つことができます。またうるおいを保つことにより、紫外線などの外部刺激から守るバリア機能も高めてくれます。
さらに年齢とともに減少してくる成分でもあります。加齢とともに失われる成分を外側から補うことが大切です。このような様々な効能を持ったセラミドを配合した化粧水が注目を集めています。

数ある化粧水の中からどれを選べばよいのでしょうか。
最も良いのは天然型だといいます。次に「ヒト型セラミド」を高濃度で配合しているものが良いといいます。
類似型や植物性に比べて圧倒的な保水力を保持することができるといいます。


またヒト型に比べより一層優れた効能を持っているのが「ナノセラミド」だといいます。


これは通常に比べナノ化された状態で肌に浸透するので、高い有効性が期待できるといいます。


天然型は価格が高価な点が難点です。ヒト型は天然型とほぼ同等の効能を得られる上に、価格が安価で手軽に手に入れることが可能です。
インターネットでは様々な化粧水をランキング形式で公表しているサイトもあるので、うまく活用してみるのも良い方法といえます。

敏感肌に人気な化粧品情報が様々な条件で検索可能です。















関連リンク

  • タイトル21

    潤い成分として化粧水などのスキンケア用品に使用されているセラミドは、細胞膜においてスフィンゴミエリンを構成している脂質の一つで潤いを保持して外部からの刺激からお肌守ってくれる働きをしています。人間が本来持っている成分で、コラーゲンやヒアルロン酸などのような潤い成分同様に注目されて化粧水に広く配合されています。...

  • タイトル22

    セラミドには「天然」、「合成」、「植物性」、「人型」の4つがあります。「天然」は馬などの動物の脳などから抽出したものです。...