セラミド化粧水の選び方のポイント

オリジナル見出し01

セラミドには「天然」、「合成」、「植物性」、「人型」の4つがあります。
「天然」は馬などの動物の脳などから抽出したものです。

馬由来のものは現在最も主流の製品となっており、「セレブロシド」とも呼ばれています。


「合成」は人の肌に存在するセラミドとよく似た分子構造をもつ物です。「植物性」は名前通り植物由来のものです。

例えばお米由来のものや、加水分解コンニャク根由来の物、小麦由来の物などがあります。


「人型」は保湿力や浸透性に優れています。

また、刺激が少ないことが特長で、酵母を利用して作られています。
人の体の中に元々存在しているセラミドと殆ど同じ化学構造で出来ているのが人型と呼ばれている理由です。

そのため、肌への親和性が最も高いというわけです。


とくに保湿で最も効果が高いのが人型と言われています。これはアトピーの患者や、肌が敏感な人、乾燥肌の解消などに大きな効果があります。

肌に塗ることで不足しているセラミドを補って角質層の保湿力を高めるためです。

年令を重ねることでこの成分は減少してしまいます。
そのために肌に乾燥をきたしてしまっている場合にもこの人型は効果があります。


そのため、これらが含まれる化粧水は保湿などに非常に効果があるというわけです。


化粧水の選び方としてはこの成分が含まれているものを前提として、「ヒアルロン酸」「アミノ酸」などといった水溶性の美容成分の配合された物を選ぶのが良いとされています。この美容成分はセラミドの保湿効果を高める働きもあるためです。
「ビタミンC誘導体」も美白やニキビの予防などに効果があるのでこういった化粧水を積極的に選ぶべきでしょう。
セラミドは、肌にある成分であり、化粧水などに利用されています。
セラミドは、肌に水分や油分をためこむ保湿効果があります。


スポンジのように、水分や油分を取り込むことができるため、保湿性が非常に高いです。


また、うるおいを閉じ込めるバリア機能もあり、肌に多く含ませることで、紫外線などの外部刺激から肌を守り、みずみずしい状態を維持することができます。

そのため、化粧水などを使って、セラミドを肌に補充することは、きれいな肌をつくり上げるために、非常に重要です。
セラミドは、経口摂取することも可能です。
こんにゃくや、ワカメ、ひじき、黒豆、小豆、米などの多く含まれているため、食生活を改善することで、肌を最良の状態にすることができます。

最近では、サプリメントなども開発されていて、気軽に摂取しやすいです。しかし、セラミドは、経口摂取するよりも、化粧水などで体の外から補充することが効果的です。

皮膚の浅い部分に堆積している物質であり、簡単に浸透させることができます。経口摂取でも効果はありますが、効果があられるまで時間がかかってしまうため、日常的に化粧水で補うことが、最も効果的な方法です。

肌が乾燥した状態のときにも、化粧水を使うことで即効性があり、すぐに肌トラブルを改善することができます。

敏感肌やアトピーの治療にも効果があるため、あらゆる肌トラブルを和らげることができます。
コラーゲンやヒアルロン酸などと一緒に使うことで、相乗効果があり、プルプルの肌にすることができます。

オリジナル化粧品が気になる方に必見の情報です。

エスプレッソコーヒー情報の公開中です。

様々な分野のおすすめの敏感肌用化粧水情報サイトについて考えます。





http://getnews.jp/archives/1492215

http://www.47news.jp/localnews/toyama/2016/03/post_20160329072212.html

https://iemo.jp/39103

関連リンク

  • タイトル21

    潤い成分として化粧水などのスキンケア用品に使用されているセラミドは、細胞膜においてスフィンゴミエリンを構成している脂質の一つで潤いを保持して外部からの刺激からお肌守ってくれる働きをしています。人間が本来持っている成分で、コラーゲンやヒアルロン酸などのような潤い成分同様に注目されて化粧水に広く配合されています。...

  • タイトル22

    セラミドには「天然」、「合成」、「植物性」、「人型」の4つがあります。「天然」は馬などの動物の脳などから抽出したものです。...