セラミド配合の化粧水について

オリジナル見出し01

潤い成分として化粧水などのスキンケア用品に使用されているセラミドは、細胞膜においてスフィンゴミエリンを構成している脂質の一つで潤いを保持して外部からの刺激からお肌守ってくれる働きをしています。

人間が本来持っている成分で、コラーゲンやヒアルロン酸などのような潤い成分同様に注目されて化粧水に広く配合されています。

お肌の新陳代謝だと言われているターンオーバーによって生成される成分となっていますので、生活習慣の乱れによってターンオーバーが乱れてしまわないように注意しましょう。
セラミドは私たちの皮膚の角質層で水分を挟み込むようにしてキープすることができます。


お肌が敏感な方やアトピー性皮膚炎などの方でも安心して使用することができる保湿成分だとされています。化粧水の選び方でおすすめされているのが天然セラミドが利用されている商品を選ぶことです。


天然のものは人間の角質層の細胞間脂質に近いことから保湿効果が高いとされています。
敏感肌の方の場合は刺激が強い界面活性剤が配合されていないかどうかを確認されてみてください。
スキンケア用品を利用してトラブルを起こしたことがあるという方は、パッチテストをしてから使用すると安心です。ヒト型セラミドと呼ばれている種類は、人間のお肌の角質層にあるものと同じ化学構造になっているため保湿力が高く、植物性や疑似セラミドなどと比較してみても最も刺激が少ないのが特徴となっています。

その高い保湿力から熱い視線を浴びているセラミドですが、今やコスメには欠かせない成分です。
配合されている化粧水もたくさん発売されていますが、正直どれを選べばよいのか、選択に迷ってしまいます。

セラミド化粧水の選び方と効果的な使い方にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず化粧水を選ぶ場合の基本はヒト型セラミドが配合されているものを選ぶ、ということです。

これは人間の肌に存在しているものと同じような構造を持っているので、保水力が他の種類に比べて、格段に高いという特徴があります。

肌への刺激が少ないというのも嬉しいポイントです。さらに分子量がより小さいナノ化されたものでしたら、浸透力が高いのでより優れた保水力を感じることができるでしょう。

この点を確認してから購入することをおすすめします。
ヒアルロン酸やアミノ酸など相乗効果の期待できる他の美容成分も配合されていれば、言うことありません。
このセラミド化粧水の使い方ですが、手に取って優しく肌になじませるようにしてつけてください。

こすったり叩いたりせず、あくまでやさしく肌に置くように、手で肌を包み込みましょう。

そして、その上からさらにセラミドが配合された美容液などを重ねづけすれば、その効果をより高めることができます。
化粧水の保水力を生かすためにも重ねづけをおすすめします。
保水力アップはお肌のきめを整え、若々しい素肌を作るための基本です。


正しく選んで正しく使い、5歳マイナス肌を目指しましょう。

















関連リンク

  • タイトル21

    潤い成分として化粧水などのスキンケア用品に使用されているセラミドは、細胞膜においてスフィンゴミエリンを構成している脂質の一つで潤いを保持して外部からの刺激からお肌守ってくれる働きをしています。人間が本来持っている成分で、コラーゲンやヒアルロン酸などのような潤い成分同様に注目されて化粧水に広く配合されています。...

  • タイトル22

    セラミドには「天然」、「合成」、「植物性」、「人型」の4つがあります。「天然」は馬などの動物の脳などから抽出したものです。...