肌とセラミド化粧水と

オリジナル見出し01

潤いのある綺麗な肌になりたいと考えた場合、ヒアルロン酸を積極的に摂取すれば良い、ヒアルロン酸が配合された化粧水等の化粧品を選べば良いと考える人は少なくありません。
ですが、ヒアルロン酸を外から補っても、その効果は一時的で、長く良い状態を維持する事は簡単ではありません。

良い肌の状態を維持したいと考えたら、ヒアルロン酸の摂取と同時に、細胞間脂質を増やす事を考えていく事が有効です。
細胞間脂質は、細胞の間に水分や油分を溜め込む働きがあり、細胞間脂質が豊富にある肌は、水分を溜め込みやすい状態となります。


この細胞間脂質を増やす為に有効な成分が、セラミドです。


セラミドを積極的に摂取する事で、肌の中の細胞間脂質を増やし、それにより水分を溜め込みやすい肌を作ってく事が出来ます。
保水力が高いヒアルロン酸が配合された化粧水を使うというのも、潤いのある肌を作る為には有効な方法の一つです。ですが、補ったヒアルロン酸は、時間と共に減少し、元の肌へと戻っていく事になります。
それに対して、細胞間脂質は、肌に常にあるものなので、しっかりとその量を増やしておく事で、自然に水分を溜め込みやすい肌を作る事が出来ます。

その為、現在、セラミドが配合された化粧水や、様々な化粧品が高い注目を集めています。
潤いのない肌は老けて見られる原因にもなります。

それだけに、綺麗な肌を維持したいと考えたら、セラミドが配合された化粧品に注目をしておく事がお勧めです。

セラミドとは、人肌一番上部にある角質層にある保湿成分で、ヒアルロン酸など分子レベルが大きい保湿成分とは違い、皮膚の内部に浸透することができる低分子レベル保湿成分です。


セラミド成分を配合した化粧水の特徴としては、セラミド成分が水分を油と油の間にはさみ込む性質を持っているため、角質層でのセラミド主成分である細胞間脂質の層が、水分をはさみ込むことで高い保湿力を発揮します。


ただし、高い保湿力を持続する時間は、ヒアルロン酸などの高分子成分と比較すると短いでしょう。
その保湿時間は一般的に1日と言われています。

肌触りはサラリとしていて、ベトつきません。


他にもセラミド化粧水は、元々人体にある成分を配合しているため、ヒアルロン酸配合と同じく、アレルギーの安全面や肌への刺激の心配は少ないといえるでしょう。


敏感な肌の人にも安全な保湿成分なので、特にアトピー治療の専門医が注目している成分でもあります。
ですから、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人にはおススメの化粧水なのです。


つまりこの化粧水は、乾燥しがちな季節や、肌が敏感な人、アレルギーのある人、アトピー性皮膚炎の疾患に悩んでいる人には、低刺激で、肌の水分量を高めるために最適な保護機能を備えているということです。
条件的には、人以外の動物や植物などから採取した成分は、使用しないほうが良いでしょう。必ず人の体と同じ成分を使用した化粧品を使うことがポイントです。他には、ナノ化されて浸透しやすいことと、浸透した成分のアレルギー反応の有無を表記された化粧品を選ぶことが大切です。





おすすめの敏感肌用化粧水について考察してみましょう。











関連リンク

  • タイトル21

    潤い成分として化粧水などのスキンケア用品に使用されているセラミドは、細胞膜においてスフィンゴミエリンを構成している脂質の一つで潤いを保持して外部からの刺激からお肌守ってくれる働きをしています。人間が本来持っている成分で、コラーゲンやヒアルロン酸などのような潤い成分同様に注目されて化粧水に広く配合されています。...

  • タイトル22

    セラミドには「天然」、「合成」、「植物性」、「人型」の4つがあります。「天然」は馬などの動物の脳などから抽出したものです。...